スポンサードリンク

にんにくの薬効成分と薬理作用の研究の歴史

昔から長い間、元気の素として、老若男女大勢の人々に親しまれてきた「にんにく」

豊富な栄養成分とすばらしい効能・効果の数々が研究によって解明されています。食物や香辛料、はたまた薬草としても多くの国民に愛用されてきました。

その反面、にんにくの成分は非常に強いので、摂り過ぎや生にんにくを過剰に摂取すると、胃壁を荒らしてしまうといったこともあります。

にんにくの長い研究の歴史からは、素晴らしい食品として、また薬効成分による薬理作用など解明されてきた部分も多いのですが、まだまだ他の効能の研究の余地は残されているようです。

◆にんにくの研究の歴史

・米国国立ガン研究所が1990年に「デザイナーフード計画」が開始されました。それによると

約40種類のがん予防に効果があると推定される食品を、重要だと思われる順番に選びわけます。選ばれた食品はピラミッド型の図に構成されますが、そのピラミット型の頂点に陣取っているのがにんにくなのです。

昨今の日本でもかなり浸透して来たサプリメントですが、アメリカで人気のサプリメントはというとにんにくという結果が出ています。

がん予防に効果があると推定される食品のトップに立つにんにくですが、大規模な臨床実験と長時間の実証実験も必要な事から、決定的な結論は出ていないというのが現状です。研究結果が待たれますね。

・1936年には、日本の小湊博士が疲労回復に有効な成分として「スコルジニン」を発見しました。これがにんにくの働きについての、科学的検証の第一歩となりました。

実はにんにくの成分スコルジニンには、にんにく特有の強烈な臭いは無いのです。にんにくのあの強烈なにおいの素となっているのは、「アリシン」という成分です。

スコルジニンの効能効果は、強壮・強性力、疲労回復、食欲増進などの効果や毛細血管を拡張し血行を良くする作用があります。

その後、海外ではアリシンやアリインが発見されました。 

アリインは無臭なのですが、刻んだりすりおろしたりすることで細胞が壊れると、酵素の働きで分解されて「アリシン」という成分に変わります。そしてこのアリシンがあのにんにく独特の臭いを発するのです。この臭いの素「アリシン」が多く含まれるにんにくこそは、効能・効力の源とされる成分が多く、すぐれているにんにくとも言えます。

にんにくを食べると、長時間臭いが持続してしまう原因は、臭いの素アリシンが血液に溶け込み体内を循環します。そしてアリシンが肺に集合して呼気として外にだされなす。また、アリシンは人間の皮膚からも簡単に浸透し、血液に溶け込んで体内を循環します。ゆえに体の中のアリシンが、すべて分解・排出されず残っているとにんにくの臭いはいつまでもなくならないのです。

にんにくの成分「アリシン」の効能・効果

にんにくの成分であるアリシンなどの働きによって、さまざまなにんにくの効能・効果が解ってきました。これからもまだまだ解明されず期待が掛かっている効能も有り、研究され続けています。

◆殺菌・抗菌作用

12万倍に薄めた液でもコレラ菌やチフス菌、赤痢菌などに対する抗菌力があり、アリシンには非常に強力な殺菌・抗菌作用があると言うことが解ります。細菌によるカゼや鼻炎などの予防にも使われています。戦時中には、外用薬としても使用されたことがあるそうです。

◆疲労回復・滋養強壮作用

ビタミンB1は、体内でご飯などの炭水化物など、糖質のエネルギー代謝を効率よく行うために必須となるビタミンです。しかし、一度に吸収される量は限られいますし、ビタミンB1を体内にあまり溜めておくことは出来ないのです。

ところが、にんにくに含まれる「アリシン」は、ビタミンB1と結合して「アリアチミン」という物質に変わります。

アリアチミン物質に変わる事で、元のビタミンB1と全く同じ働きをするにもかかわらず、元のビタミンB1では、あまり血液中に留まっていることが出来なかったことが、アリアチミン物質に変化することで、それが出来るようになりました。

ビタミンB1の吸収が良くなる事で、体の代謝が活発になり活動エネルギーを作りだす事が出来るようになりましたので、その結果、疲労回復や滋養強壮作用を期待できるようになりました。

「にんにく特有の強烈な臭いが無いにんにくの成分スコルジニンも、アリアチミンと同じように新陳代謝を活発にし、強壮・強精作用といった効能もあります。」

◆血行を良くし、血中コレステロール値を下げる作用

アリシンは、体内で脂質と結合して脂質アリシンという成分に変わります。脂質アリシンという物質は、ビタミンEと同じような働きで、血行を良くし、赤血球を増やす働きがあります。

またアリシンを加熱すると、アホエンという成分が出来ます。このアホエンは、血栓を予防し血中コレステロール値を下げる作用があります。

「あの臭いの無いにんにくに含まれる成分スコルジニンにも、脂質アリシンと同様に新陳代謝を活発にして、血行をよくする働きがあります。」

アリシンは、ビタミンEのように、血行を良くし細胞の働きを活性化する効果が有ります。血行が良くなることから、しびれや冷えの改善効果や美肌づくりの効用もあります。

◆抗酸化作用による成人病などの予防効果

人の体が酸素を消費する際に生成する活性酸素は、成人病や老化、または発がん物質を生み出す危険もあるといわれています。アリシンは、体内でのこれらの活性酸素を除去する酵素の働きを助ける作用があることから、抗酸化力を高め、動脈硬化や成人病などの予防効果が期待できると言われています。

「アリシンを始め、にんにくの成分であるイオウ化合物に優れた抗酸化作用が有ります。抗酸化作用により免疫力を高めることで、がん予防にも効果があるのではないかと考え、現在各国で症例研究や臨床試験等が進んでいます。がん患者にとっても早期の発見を臨むところでしょう。期待したいと思います。

黒にんにくとなることでにんにくパワーがさらに向上する!

黒にんにくはその名の通り黒いのですが、何故黒いにんにくなのでしょうか。

実は黒にんにくが黒くなるのは、普通の白にんにくを一定期間、熟成・発酵させるからなのです。普通には数週間から1ヶ月程度、熟成させることにより、色が真っ黒に変化しますが、変わるのは色だけでは有りません。

熟成・発酵した黒にんにくは、効果・効能も普通の白いにんにくから一段とパワーアップして登場します。

◆黒にんにくの特徴

・にんにくを熟成・発酵させることで、臭いの元となるイオウ化合物が減少しますので、にんにく特有の臭いがほとんど臭わなくなります。味も生にんにくと比べて甘酸っぱい味に変化します。 

・臭いの強さで敬遠していた人も、ほとんど無臭に近いので、大丈夫と思いますよ。プルーンの様な食感が有り、触った感じもしっとりしています。

・熟成させて黒くなった黒にんにくには、「S-アリルシステイン」という成分が生成されます。この成分は水溶性のアミノ酸の一種で、強力な抗酸化作用があります。生にんにくにも抗酸化作用は有るのですが、黒にんにくになると強力な抗酸化作用が期待できるのです。

◆黒にんにくの効果、効能は?

・黒にんにくは、生にんにくをを蒸して発酵させますが、生にんにくと比べると、約10倍もの抗酸化力があるといわれています。同じ材料にも関わらず、発酵させるだけでものすごいパワーになるとは驚きです。

・普通の白にんにくを熟成させ黒にんにくとなることで生成された「S-アリルシステイン」によって、大きな抗酸化力を生み出します。その大きな抗酸化力によって、動脈硬化の予防や改善、悪玉コレステロールの減少などといた作用をもたらします。

・黒にんにくは、ガンや高血圧、動脈硬化、心臓疾患などの予防に効果的ですし、効能としてはコレステロールを減らしたり、血液の流れを良くします。

現在進行形で、にんにくのいろいろな健康に対しての効能・効果等々の研究が続けられています。

黒にんにくやにんにくを使用した健康食品やサプリメントが販売されていますが、成分や製法、飲みやすさ、価格などさまざまですので、あなたに合ったものを探してみましょう。

  • topへ あなたの体の悩みの改善・解消に役立つ知識
  • リンク集
  • スポンサードリンク
    Google
    Copyright © 2008 にんにく・黒にんにくの成分と効能及び効果 All rights reserved.
    inserted by FC2 system